Tokyo 2016-17 A/W Archive

PLUG 2016-17 A/W collection

原点に立ち戻り、DIY精神を大切にし手刷りによるシルクスクリーンプリントなどを施す。

Luciole_jean pierre 2016-17 A/W exhibition

その人「らしさ」とは?デザイナー大塩氏の「らしさ」のルーツ。

BALMUNG 2016-17 A/W collection「黒い花」

「東京のカルチャー」に焦点を当て、ゴスロリ、ホラー、ヤンキー等のサブカルチャーにおける「黒い感情、黒い気持ち、その瞬間」、「黒い色の絶対的な強さ」をテーマとして掲げている。

gouk 2016-17A/W collection

服に対しての”意味”や”主張”。

PLASTICTOKYO 2016-17 A/W collection

今後世界で活躍が期待される気鋭のファッションデザイナーとして、第10回目の「DHLデザイナーアワード」に選出された、PLASTICTOKYO。

5351 POUR LES HOMMES 2016-17 A/W collection

ジェンダーレスなどの考え方がファッションに入ってきている今だからこそ、男臭さからダンディズムを表現していくことにも意味があるのではないだろうか。

Blanc YM 2016-17 A/W exhibition

紳士的なスタイルながらもゆったりとしたシルエットと、柔らかな質感にリラックスさも感じられるコレクションになっている。

Coohem 2016-17 A/W collection

日本のファクトリーブランドは海外のファクトリーブランドに比べてあまり知られていない。デザイナーは「山形のモノづくりの現場から新しさを発信していきたい」と語っている。

Name. 2016-17 A/W collection

ひとつのアイテムが強い印象を与えなくとも、パッチワークなどの素材感での遊び心、レイヤードの仕方ひとつで面白みを加えてゆく。

TENDER PERSON 16-17 aw 「PURE CLASSIC」

自分たちらしさを出すことを大切にしたが、今までとは違う、これまでやっていなかったことを表現するのに意識。レディースのもつピュアさにメンズのもつ伝統的でクラシカルな部分を反映させ、レディースアイテムを中心としメンズもシェアできるコレクション。