5351 POUR LES HOMMES 2016-17 A/W collection

お店とショーの連動、ショーで見た物がリアルタイムで買えるようにしていきたい。


DSC_1700


表参道ヒルズで行われた今回は、ミリタリーとワークウェアを多く取り込み洗練された男臭さを表現していた。2015awのセクシーなドレスラインのコレクションとは異なり、テーマの「アンチテーゼ」の通り対照的な内容になっている。MA-1やミリタリーコート、ニードルパンチを用いたコートはツイードとレザーを重ね合わせ、シームを見せないようにすることでグラデーションのように表現することが可能に。

小村氏は「お店とショーの連動、ショーで見た物がリアルタイムで買えるようにしていきたい。」と語る。ショーの世界観がより関係者以外の消費者に近いものになり、ショーをやる意味の拡大につながる。だが、ショップやブランド側からすると厳しい面は多そうだ。生産スピードの要求やクオリティーを維持できるか、生産・販売はそのスピードについていくことが出来るのか。まだまだ課題が多いであろうが、ショーなあり方を変えるひとつの分岐点を生み出すかもしれない。

小村氏が2015-16 A/W のようなセクシーなドレスラインを作りながらも、自分の中にドレスラインに対するアンチテーゼがあったのかもしれない。それゆえ、全く対照的といってもいいミリタリーを使ってテーマを表現したのだろう。ジェンダーレスなどの考え方がファッションに入ってきている今だからこそ、男臭さからダンディズムを表現していくことにも意味があるのではないだろうか。

text/Yoshimitsu Yoshioka
photo/Chihino Okada


DSC_1524

DSC_1528

DSC_1533

DSC_1538

DSC_1539

DSC_1544

DSC_1549

DSC_1557

DSC_1561

DSC_1568

DSC_1572

DSC_1577

DSC_1583

DSC_1590

DSC_1597

DSC_1601

DSC_1604

DSC_1611

DSC_1618

DSC_1623

DSC_1627

DSC_1637

DSC_1642

DSC_1648

DSC_1655

DSC_1656

DSC_1664

DSC_1672

DSC_1679

DSC_1684

DSC_1687

DSC_1696