Name. 2016-17 A/W collection

普段からの服装に少しアクセントを加えることで違う表情を



Name.(ネーム)の2016-17awコレクションが、3月19日に渋谷ヒカリエホールBで発表された。「複製技術時代の芸術作品」をコンセプトとし、自ら日常での本質、変化、進化をパターンに落とし込みアイデンティティーを感じさせる洋服を表現しているブランドである。

「アンビレバンス」をテーマにした今回は、ウールやレーヨンなどの様々な素材とパターンで表現されていているが、ひとつひとつのウェアは落ち着いた印象の物が多い。また袖の太いダウン、ボリュームのあるパンツからもわかるように全体的に太めのシルエットになっている。
ひとつのアイテムが強い印象を与えなくとも、パッチワークなどの素材感での遊び心、レイヤードの仕方ひとつで面白みを加えてゆく今回のコレクションは、普段からの服装に少しアクセントを加えることで違う表情をしてくれることを教えてくれる。

Name.は今年、世界をフィールドに活躍するポテンシャルの高い東京の旬なブランドを選定し、海外での展開をサポートするアワードである「TOKYO FASION AWARD 2016」を受賞したブランドでもある。今後、どのような飛躍を見せてくれるのだろうか。



text/Yoshimitsu Yoshioka
photo/Chie Takagi


IMG_0887

IMG_0896

IMG_0910

IMG_0914

IMG_0926

IMG_0935

IMG_0943

IMG_0983

IMG_0999

IMG_1021

IMG_1039

IMG_1044

IMG_1056

IMG_1065

IMG_1079

IMG_1099

IMG_1106

IMG_1128

IMG_1161