TakayaHioki 2015-2016 A/W EXHIBITION

TakayaHioki 2015-2016 A/W EXHIBITION

FH010003

 

ビンテージ解体における多様性を軸とした作品を展開するTakayaHikoki。何通りにも形を変えられる服やパッチワークを得意とする。今回のコンセプトは「Gegenangriff(ゲーゲングリフ)」。ドイツ語で「反撃」。ストレートな反骨性はあえて出さず、服、アイテムとしての決まり事やモチーフ、要素に崩し反して、服としての美しさや布地自体の持ち味、面白みを残しつつ再構築し、様々なアプローチや考えによる「反撃」を行ったコレクション。今回は主にディテールにコンセプトが現れている。

レーヨンやリネン、ウールで作られたコーチジャケットはコーチジャケットの従来の素材感を無視しており、雰囲気が既存のコーチジャケットよりも柔らかい印象に。切り替えを多く用いながらも、シャープなデザインになっている点が素晴らしい。

スカートは5ウェイ以上の着方ができ、ヒモの結び方や、シルエット調整、ポケットを作ったりもできる。さらにはこのスカート、シャツにも変わる。ポケットの部分が袖になっていて、シャツにしてもヒモの結び方で見え方、シルエットが変わる。
このようなギミックの効いたアイディアはtakaya氏が頭の中で考えて、それをそのまま衣服のデザインとして落とし込んでいる。

このブランドの特徴として、ユニセックスな作品が多い。その一つとしてスウェットが採用されている。スウェットアイテムの解体では素材を生かしたパッチワークを展開。
リブの部分やスウェットの裏地など多数の素材で構成されており、そのシームが美しいため、パッチワークながらも綺麗でまとまった印象に。素材は80’sや70’sのスウェットパンツなどが使用されている。

古いものを集め、つなぎ合わせ、新しい命を吹き込むTakayaHioki。
その服作りの特性上、同じルックでもそれぞれが違う顔を見せたり、唯一無二の作品が出来上がる。服作りにおいて、新たなシーンを開く予感がするブランドだ。

 

TakayaHioki[タカヤヒオキ]

デザイナー:日置貴哉

文化服装学院卒業。文化服装学院在学中、「sunaokuwahara」でインターンを行う。
卒業後「NICK NEEDLES」で2年間アシスタントを経験した後、2014SSより、ストールの多様性から「形を変える服、様々な着方が出来る服」と言うコンセプトを基に、自身のブランド「TakayaHioki」を立ち上げる。

 

FH020018

FH020020

FH020034

FH030005

FH030020

FH030023

FH040006

FH040016

FH010035

FH020008

FH010024

FH010022

8N8kQ

 


FH000007

FH010003

FH010008

FH030007

FH030028

FH040014

FH040020


 

撮影者:石川開