ファッションが生む歴史、写真による歴史

 

 

『ファッションの存在意義』

 

時代の流れによって歴史は積み重なって行き、過去が全て歴史となっていく。

何かを成し遂げた事、偉業を成し遂げた事や科学の進歩など、様々な形の歴史が日々綴られていく。

 

 

その歴史の中において、欠かさず綴られていった大きな存在の一つに「ファッション」がある。

 

 

ファッションは時を重ねることに進化していく。その中には文化や伝統など様々な時代背景がそこには存在する。

 

 

3ce1a70c3625634bd5e7bf99a0868e02-1024x682

 出典:https://tabi-labo.com/197757/70-harajuku

 

 

各時代背景を物語る、絵や写真。これらがその時代においての証拠となり歴史になっていく。

 

現代において私達はファッションの歴史をストリートスナップで見る事が出来る。

 

今までの時代のファッションの歴史を簡易的に遡ると、昔に比べ現代のファッションの形は機能性重視でもなく、歴史の教科書で見るような身分の違いを一眼に表すようなファッションでもない。

 

今の時代において、「ファッションは表現の一つであり、楽しむもの」としての存在理由が強い。

これこそが、今あるべきファッションの形ではないかと考える。

 

 

IMG_9308

 

 

 

 

『若者の同調的心理』

 

今の若者のトレンドは同調的で、「みんなが着ているから安心して着られる」と思うものを何となく着ているような印象を受ける。

トレンドと言っても、社会が活気付いていた30年前のような、時代を象徴する爆発的な流行はあまり見られなくなった。

 

 

DeLjO9ZU8AEZ4I0

出典:https://twitter.com/TokyoFashion/status/1000613943126122498

 

それもあってか、自らの感性や好きなものを存分に表現したファッションが「個性的」という一言で括られてしまうことも多い。

 

自分の個性を重きに置き自分を表現するファッションこそが新たな歴史を作り上げていくのではないか。

 

 

『SNS発達による社会変化と新たなファッションの形』

 

SNSが日常の中心になっているこの時代だからこそ、ストリートスナップにおいて自分の個性を表出させるファッション、トレンドを意識したファッション、そして個性を押し殺した「着ること」だけを目的としたファッションなど、現代では様々なタイプのファッションがある。

 

かっこいい、かわいい、オシャレなファッションばかりを切り取り、ストリートスナップとして納めるのではなく、現代の様々なファッションを飾らずにストリートスナップに記録する事で、

様々なタイプのファッションが化学反応のように、次々に新しいファッションを生み出し、「ファッションを楽しむ・遊ぶ」そんな人々が街中に増える事は、ファッションに新たな変化と、歴史に大きく刻み込まれると考える。

 

 

fruits_revival_20170323_001-thumb-660x923-677530

出典:https://www.fashionsnap.com/article/2017-03-23/fruits-first-issue-revival/

 

 

 

正解はないからこそ、もっと自由で周りと同調したファッションではなく、色鮮やかであったり、モノトーンであったり、個性的なデザインを取り入れて見たり、流行の回転を活かし過去のファッショントレンドをファッションに取り入れてみたり、

 

自由な自分にしかない個性溢れたファッションが街を賑わす時代が来ることは、次の時代に向かってのバトンになり、ファッションでしか語れない時代背景が綴られていくのだろう。

 

 

 

Text,Photo/杉本 和花奈