HARE 2017a/w collection

この秋冬のテーマは、日本の伝統的観念の一つである「ハレとケ」の”ハレ”。
日本人のルーツである和の空気感を取り入れたストリートスタイルを提示した。



8

20





HAREが今回コレクションで発表したものはショーピースではなく、リアルクローズとして実際にショー直後より販売される。価格、プロダクトなども従来のものとほぼ同等だという。他国のウィークでは既に続々と取り入れられている「See Now, Buy Now」施策に参入し、「ショーで実際に見たもの、感じたことをダイレクトに手にとってみてほしい」と積極的にカスタマーとのコミュニケーションを図ろうとする姿勢とそういった行動をショーに明確に反映させることができるのは、手頃な価格で良質なストリートカジュアルを提供するファストブランドならでは。私たちカスタマーの身近で積み重ねてきたブランドとしての経験や理解が生き、実際に多くの人々に刺激を与えた非常に成功的なショーだったと言えるであろう。さらには、「ショーをすることによって東京コレクションに興味を持ってもらいたい」とこれからのファッション業界そのものを盛り上げていくような心強い発言もみられた。

今後はアジアに次いでヨーロッパ地域への海外進出も考えているというHARE。顧客である私たちとファッション間のもどかしい関係下における起爆剤のような存在として、国内外での今後に期待したい。



1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

287


Text/上田早織
Photo/加藤華椰