早稲田大学繊維研究会 Fashion Show 「いま・ここ」

全てを「ただ一回に込める」ショーが開催される。


%e3%81%84%e3%81%be%e3%83%bb%e3%81%93%e3%81%93-logo


2016年度 sen-i Fashion Show 「いま・ここ」

常日頃わたしたちが意識的に目にするものは、そのほとんどが情報伝達手段によってもたらされています。衣服がわたしたちの手もとにやって来るまでを考えてみると、まず、ショーで発表された衣服はデジタル画像として二次元化されたのちにウェブサイトやSNSで拡散され、動画がそれに並走し、また、追随します。ショーを行わないブランドは(ショーを行ったとしてもショーの画像とは異なった)いわゆるルックを発表します。そして、ある決まった時期になると衣服は雑誌などの紙面に姿を見せ始めるのです。複数のメディアは衣服の異なる側面を時間の経過のなかで照らし出しながら、わたしたちと衣服は関係をとりむすび、またそれを変化させていきます。 ファッションに内在する「メディア」、「時差」、そしてそれらがわたしたちの衣服に対するイメージを変質し得るということ。これらのことを問題化するとともに、ファッションショーという一回性の場を再考します。

【詳細】
・2016.12.11 (sun)

・Open 16:30 / Start 17:00

・ショー入場料 500円

・at 寺田倉庫 Terratoria

〒140-8615 東京都品川区東品川2-6-10 寺田倉庫本社ビル2F

最寄駅「天王洲アイル」から徒歩4分


map






music _ 荒井 優作

photo _ ikki fukuda

flower _ edenworks


予約はこちらから▼
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeA2xaS22gFuBg7Dm6Q69oGipozthEberX7QnWKi8dltPkI2w/viewform










【早稲田大学繊維研究会/sen-i】
早稲田大学繊維研究会は、1949年創立の早稲田大学の学生を中心としたファッションサークル。2014年度より、理論と実践の両面からの衣服づくりを目指して活動している。「方法」そのものを主題化しながら、衣服の制作を行い、ファッションショーやインスタレーションを通じて、自己言及的に「ファッション」および「衣服」への問いを提示している。OB,OGにはアンリアレイジの森永氏やフォトグラファーのシトウレイらがいる。

【web site】
http://www.sen-i.org

早稲田大学繊維研究会に関する過去のショーの記事はこちらから▼

・早稲田大学繊維研究会 『(un)usual (非)日常』
http://tokyo-add.com/2016/11/59195



26






・sen-i 2015 Fashion Show 「見えないものと見えるもの」
http://tokyo-add.com/2015/12/52394


img_9287






・sen-i Freshman’s show 『package』
http://tokyo-add.com/2015/11/51465


img_58011