keiichirosense 2017 s/s collection

唯一無二のコレクションに込められたデザイナーの熱い思い。

img_9821


2016年10月21日、ヒカリエホールBにて、デザイナー由利佳一郎によるKeiichirosense(ケイイチロウセンス)2017年春夏コレクションが発表された。ショーのコンセプトは、





‐RESONANCE/共鳴‐
直観と遊び心を大切に 時代のリスクや不安定さと常に戦い 未知なる感動を創り出す。
そしてコレクションのコンセプトは“共鳴という新しい美意識の創造”。





ランウェイ脇にそびえたつ銀色の鉄パイプ。そして近未来を感じさせる音楽とともにショーはスタート。続々と近未来を感じさせるルックが登場した。

多くのブランドに、スポンテニアスなスタイリングやビッグシルエットなどといったワールドトレンドが取り入れられているのが見受けられる中、デザイナー由利氏が繰り広げるコレクションの数々は、種類をしぼらず豊富な素材使い、マルチな色使い、独創的かつ圧倒的なシルエットのすべてがまさに唯一無二であり、毎回私たちを楽しませてくれる。まさに、デザイナー由利氏のセンス、“keiichirosense”なのだ。
また、ショーのフィナーレには20㎝はあるだろうかというブラックのヒールブーツに大きなヘッドピースという相変わらず奇抜なスタイルで、由利氏観客と目を合わせながらゆっくりとランウェイの先まで登場し、拍手を催促したりと最後の最後まで楽しませてくれた。

また、デザイナーの由利佳一郎氏はARTPHEREというブランドを展開し、バッグデザイナーというもう一つの顔も持ち合わせている。鞄の名産地である豊岡を由利氏自らがアイコンとなって盛り上げていこうという試みからだそうだ。由利氏の奇抜な風貌の裏にはファッション業界を盛り上げていきたいという熱い思いが隠されている。

デザイナーもコレクションも、他ブランドとは一味も二味も違う”keiichirosense”。彼のような人がこれからの日本のファッション業界を盛り上げていってくれるに違いないだろう。

Text/濱崎真実
Photo/秋山萌々子


img_9716

img_9992

img_9961

img_9923

img_9904

img_9884

img_9866

img_9845

img_9821

img_9805

img_9783

img_9765

img_9753

img_0336

img_0317

img_0233

img_0204

img_0176

img_0155

img_0131

img_0107

img_0090

img_0077

img_0058

img_0013


img_0396

img_0373