RYOTA SHIGA 2013-14A/W

image5

RYOTA SHIGA 2013-14 A/W

「landscape」


 
デザイナー志賀亮太氏によるRYOTA SHIGAの2013年秋冬コレクションのテーマは、春夏に引き続き『landscpe』。
アーティスト・建築家のMaya Lin氏の作品である『systematic landscape』をインスピレーション源とし、人工的な直線のデザインと有機的かつ立体的な自然造形に着目したという。今回は職人的な繊細で力強い作業から生まれるエネルギーが組み合わされ、芯のあるマスキュリンな女性像が提案された。
 

特徴的なのは立体感のある毛皮の使い方だ。ライダースなどでは、ミンクファーを1cmのテープ状にカットし、レザーと格子状に縫い合わせブロックのような独特の立体感を表現するという、新たなテクニックへの挑戦がなされている。
シルバーフォックスをあしらったアイテムも、これまで毛皮を扱ってきた志賀氏ならではのデザインだ。
立体的なシルエットは、パターンを何度も引き直して生み出したものだという。
高級感のあるダブルフェイスのオリジナルのウール生地やヘビーニットは、工場に何度も足を運び打ち合わせして開発したものだ。
ワンピースや比翼仕立てのシャツには万華鏡のような毛皮柄のプリントが全体になされており、グラフィカルな印象を与えている。
 

今回のコレクションでは動画も制作され、その世界観が一層明確に打ち出された。
荒々しい岩肌に囲まれた中、モデルが強い存在感を放つ服を纏って佇む。
 

『私が目指しているのは、プレタポルテとオートクチュールを併せ持ったプレタクチュール』と志賀氏は語った。
デザイナーと職人の手によって丁寧に作られたRYOTA SHIGAの秋冬コレクション。繊細ながらも大胆な服作りは、ブランドの底知れない力強さと可能性を感じる。
 





Text / Makoto Kogawa
Look / RYOTA SHIGA
 
Movie
make up / DAISUKE OGAWA (arts et metiers)
hair / AKIKO KAWASAKI (takahashi office)
styling / CHIHIRO YONO
model / SVETLANA MUKHINA
camera / NOBUTAKA SATOH
sound / KOUSKE KAMISHIN
directed by DAISUKE OGAWA



1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

image1

image2

image3

image4


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.