fur fur 2013-14 A/W

ふぁー44

 

2013-2014 A/W 東京コレクション

fur fur 2013-2014 A/W
 
「あのこ」
 


2013年3月22日ラフォーレ原宿ミュージアムにて、furfurのコレクションが行われた。
 
真っ暗闇の中に、一つの椅子と、ピアノが置かれた会場。
ショーは前田エマさんの朗読と、寒川唱子さんの「ド」だけで演奏するピアノでスタートした。
 
今回のテーマは「あのこ」
記憶、切なさ、希望、絶望、喧噪の中野静けさ、救い、余韻。暗闇の中の記憶を紡ぐ。
 
カラーリングは珍しい黒一色のハードなコレクションが並ぶ。シンプルでカッティングが綺麗な黒のドレスから始まり、装飾のあるワンピース、レザージャケットを使用したスタイリング、セットアップ、ボリュームのあるミニワンピにシンプルなロングコートといった女性らしくも強さのあるスタイルの提案がなされている。
 
今回で「furfur」になってから10シーズン目となる。
furfurといえば、生成りやレース・フリルといったガーリーなイメージが強い。
「続けていくうちに段々と売れるところに近づいていき、可愛いところが増えてきてしまった。前回くらいから、これって自分なのかなっていう洋服と、毎回自分が考えているコンセプトの部分にギャップが出てきた。物作りをしていると、“可愛い”ところが“売る”ということと直結してたりするんです。そこが必然的に増えてきてしまったと感じていた。」と語るデザイナーのチダさん。
 
続けていくことの苦労や、デザイナーとしてのプライド、商品展開としての難しさ。
そんな気持ちが交錯する中での発表となったコレクション。
次の春夏で、どんなfurfurが見られるのか。今後とも目が離せない。






Photographer / Mayu Takeda
Text / Azusa Sato

ふぁー55

ふぁー56

ふぁー57

ふぁー58

ふぁー59

ふぁー60

ふぁー61

ふぁー62

ふぁー63

ふぁー64

ふぁー65

ふぁー66

ふぁー67

ふぁー68

ふぁー69

ふぁー70

ふぁー71

ふぁー72

ふぁー74

ふぁー75

ふぁー76

ふぁー77

ふぁー78

ふぁー79

ふぁー80

ふぁー81

ふぁー82

ふぁー83

ふぁー84

ふぁー87

ふぁー88

ふぁー89

ふぁー90

ふぁー91

ふぁー92

ふぁー93

ふぁー94

ふぁー95

ふぁー96

ふぁー97

ふぁー98

ファー99


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.