banal chic bizarre 2011-12A/W

banal chic bizarre 2011-12A/W

2011-12A/W 東京コレクション気鋭のブランド

banal chic bizarre2011-12A/W

今期のテーマは、「社会に出ていようとも我々はまだまだ学ぶべき事は沢山ある」


東北の大震災の影響もあり、映像配信という形でコレクションを展開したbanal chic bizarre
今期は、大学に通いながら炭鉱で働く一人の青年がイメージソースになっている。
そのアイビーとワークをbanalchicbizarreなりの解釈でデザインに取り組んだ。
ビニール素材、サングラスに付けたクリップレンズ、
キャンバス素材のエプロン等はワークをイメージ、
そして、ワッペン付きのアイテム、ウール素材のセットアップ、
ビッグシルエットのブレザー等はアイビーをイメージされている。
レディースは、リメイクされたローファーに太いゲージで編まれたニットのルーズソッ クス、
チェック柄の上からチェックを手刷りしたスカート、ガウンのような大きさのブレザー、
そしてポニーテールという アイビーテイストの強いルックがイメージされている。
















Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.