YOHEI OHNO 18S/S Collection

作る喜びを再確認したクリエイション

2017年10月16日 渋谷ヒカリエホールBにてYOHEI OHNO 2018S/S Collectionがランウェイ形式にて発表された。

写真2017-10-16105226_preview_jpeg (2)

独特な素材使いやミニマルかつ構築的なシルエットで新感覚のラグジュアリーウェアをブランドコンセプトとするYOHEI OHNOの18S/Sはデザイナー大野氏が自身のルーツを見つめ直し、純粋な「物を作る喜び」をテーマにコレクションを発表した。

その言葉通り、荒削りなニューウェイヴバンド DAFの名曲The Gunで幕を開けたランウェイではそのサウンドとは対照的に繊細なディテール、素材感の演出が印象的だった。

写真2017-10-16105059_preview_jpeg

赤、黄色など初心者でも手に取れるような配色にシルバーやエナメル素材、異素材のドッキングは2曲目のジャーマンエレクトロ Chicks On SpeedのKaltes Klares Wasserと合わさりレトロフューチャー感も垣間見ることが出来た。

また蛇腹のバッグは実際に東急ハンズで見つけたジオラマ用の芝生を使うことによりテーマに沿った自由な物作りの楽しみ方を体現した。

今回が2回目の参加となった東京コレクションでは人に見せるという点を意識したという。前回の反響から海外の取引先も増えたと語る大野氏。しかし継続についてはまだ検討中だという。毎シーズンやるとは限らないと語る大野氏からは新鋭デザイナーが続けていくことの厳しさも見えてくる。


Text: 細部詩音 (@shionhosobe)
Photo: 石坂太一 (@tachiichi825)