「TOKYO FASHION AWARD 」受賞ブランドによる「showroom.tokyo」がパリコレ期間中に開催

「TOKYO FASHION AWARD 」受賞ブランドによる「showroom.tokyo」がパリコレ期間中に開催

_MG_0243

 

東京を拠点とするファッションデザイナーが、世界をフィールドに飛躍するためのサポートを目的としたアワード「TOKYO FASHION AWARD」は、第1回目の受賞ブランドに対して、今月パリで行われるファッション・ウィーク期間中にショールーム「showroom.tokyo」を開設する。

————————————————————————————————————————-

showroom.tokyo 概要

日程: 2015年1月22日(木) ~ 1月27日(火)

時間: 10:00 ~ 19:00 ※最終日のみ、17:00にクローズ

会場: Vanessa Quang Gallery (7 Rue des Filles du Calvaire, 75003 Paris)

展示ブランド: D.TT.K, sulvam, FACETASM, FACTOTUM, writtenafterwards/writtenby, JOHN LAWRENCE SULLIVAN

————————————————————————————————————————-

昨年10月に発表された受賞デザイナー6名による6ブランドが、完成したばかりの2015年秋冬コレクションをパリで展示。今回のショールームでは、世界各国のバイヤーやプレスに各ブランドのコレクションを紹介し、商談の場をセッティングするだけでなく「TOKYO FASHION AWARD」について理解を深めてもらうことを目的としている。また、オープン初日にはカクテルレセプションを開催。
受賞デザイナーは下記の通り。

・DETTO K(D.TT.K)
自分のスタイルを洋服・写真・映像・空間に落とし込み、「D.TT.K」名義でクリエイティブ活動を行う。
2012年より自身特有のネオスポーティーな美学を取り入れたアパレルブランド「D.TT.K」を立ち上げる。

・藤田 哲平(sulvam)
1984年、千葉県生まれ。ヨウジヤマモトでパタンナーとして経験を積み、2013年よりsulvamをスタート。

・落合 宏理(FACETASM)
1977年、東京生まれ。1999年に文化服装学院を卒業し、2007年春、自身のブランド「FACETASM」をスタート。2012年 S/S Fashion Week TOKYOにてランウェイデビューを果たし、同年1月、PITTI UOMOにて開催された”TOKYO FASHION WEEK in ITALY”に参加。2013年、第31回 毎日ファッション大賞 “新人賞・資生堂奨励賞” を受賞。

・有働 幸司(FACTOTUM)
1971年生まれ。東京モード学園卒業後、(株)BEAMS入社。退社後ロンドンへ留学し、帰国後に国内ブランドの立ち上げに参加する。その後、独立し「FACTOTUM」をスタート。

・山縣 良和(writtenafterwards/writtenby)
2005年、セントラルマーチンズ美術学校卒業。ジョン・ガリアーノのデザインアシスタントを務めた後、帰国。インターナショナルコンペティション「ITS#three Italy」にて3部門受賞。2007年、writtenafterwards設立。2008年9月より東京コレクション参加。2012年、ファッションエディターズクラブ新人賞受賞。

・柳川 荒士(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)
2003年、JOHN LAWRENCE SULLIVAN設立。テーラードを軸としたメンズウェアを展開。強さとエレガントさを持ち合わせた男性像を基本コンセプトとしている。また、2010年 S/Sシーズンよりウィメンズウェアも展開しており、メンズテーラードの技術を駆使したシャープな印象が特徴的である。