サウスポー


IMG_0117 (NXPowerLite)


サウスポー


左利き目線で作り上げられる独創的なリメイクワールド―――
世界に一つしかないリメイク古着に出会える場所

 

下町情緒あふれる高円寺の商店街を進んでいくと、ひと際派手な装飾のビルに目を奪われる。
 

「キタコレビル」というファッションビルだ。
 

ビルの中には「はやとちり」「シークレットDog」「ilil」「GARTER」「サウスポー」といったいずれもリメイクを中心とした古着屋が集合してお店を構えている。今回は現在原宿にお店を持つ「NINCOMPOOP CAPACITY」(以下略称:NPC)の姉妹店
で、レディースリメイクを中心とした古着屋「サウスポー」のデザイナーcathyさんにお話を伺った。



IMG_0127 (NXPowerLite)

IMG_0133 (NXPowerLite)



■デザイナーになろうと思ったきっかけを教えてください。
デザイナーになろうという意識はあまりなかったですね…専門学校の頃から古着が好きで、リメイクも好きだったのですが、当時私が学生だった頃はそれほどリメイクが世間に認められていなくて、通っていた学科自体もそれほど服を学ぶ科ではなかったので、専門の頃はまだ本格的に服作りを始めてはいなかったです。

■デザイナー名である「cathy」という名前の由来について教えてください。
以前やっていたブランドがあって、それではない別のブランド名を新たにつけることになった時になににしようか探していたら、その当時やっていたmixiのネームが「cathy」だったのでなんとなくそれに決めました。特に意味はないです。

■リメイクはいつ頃からどうして始めたのですか?
特にこれといった理由はないですね。専門を卒業した後に古着屋で働きながら、リメイクのサンプル作りなどを色々やっていたことがきっかけですかね。あとは、仕事とは別で個人的にもオリジナルで古着のリメイクをしており、私が作った服を仕事先のオーナーに見せたら気に入ってくださり、委託販売を勧めて頂いたのでその頃から本格的にリメイクを始めました。

IMG_0125 (NXPowerLite)

IMG_0129 (NXPowerLite)




■デザインするときのコンセプトや参考にしているものはなんですか?
現在は春夏・秋冬と毎回テーマを決めて作ってはいますけど、元々は古着自体を見ていて「ここがもっとこうで可愛かったらいいのに。」とか「これがバックになればいいのに。」とか「これが大人も着られるサイズだったらいいのに」といった思いからコンセプトを決めていました。

■古着のスウェットやビンテージのドレスはどこから仕入れているのですか?
仕入れ先はたくさんあるので、ここだけという決まった場所はないですね。色々な会社や色々な場所、海外などから仕入れは行っています。私自身も買い付けに行ったりします。

■「サウスポー」をたちあげるまでの経緯を教えてください
もともとは、キタコレビルの1階に「はやとちり」だけがお店としてオープンしていて、その後「NPC」のオーナーがちょうどお店を開こうと物件を探していたところ、前働いていたお店の共通の知り合いである「はやとちり」のオーナーの方から「いい物件ありますよ」と声をかけられたのがきっかけですね。


IMG_0126 (NXPowerLite)

IMG_0132 (NXPowerLite)




■お店のコンセプトは何ですか?
『左利きの人の脳内』というのをコンセプトにスタイリングしています。私の中で左利きの人って(ご自身も左利きである)普通の人とちょっと違った部分や面白い所がある気がして、そういう部分を表現できたらいいなという思いで内装の雰囲気やセレクトするものを考えています。あとはその時の気分で内装は変えたりもするので基本ゆるい感じですね。

■お店の場所を高円寺(原宿ではなくて)にしようと思った理由はなんですか?
理由は特にないですね。オーナー自身もお店をだそうと思った時に、場所にはこだわらず、物件を探していたので。たまたま高円寺のキタコレビルがとても自由な条件下で借りられたので、自分の好きなように建物を改造・増築できる点などを気に入って選ばれたというのもありますね。

■「NPC」と「サウスポー」のショップが別々になって変化はありましたか?
「NPC」と「サウスポー」は共同経営の系列店なので、正確にはサウスポーは2店舗目ということになります。「NPC」が2年間高円寺でお店をやったあと移店先の原宿をメインの場所とし、残った「サウスポー」は高円寺がメインになったという感じですね。元々コンセプトや方向性は別々なので、お店が離れただけで変化はありません。


IMG_0128 (NXPowerLite)

IMG_0130 (NXPowerLite)




■最近ではアーティスト兼サウスポースタッフの栗原ゆうさんや東京カワイイTVへの衣装制作・提供も行われていますが、お店の商品を制作するのと衣装制作とで違いなどはありますか?
お店に出す商品を作るときは、その時思いついたものや、こういう服あれば自分は欲しいなと思ったものを作る感じで、割と軽い気持ちなのですが、衣装制作となると全然違いますね。例えば栗原さんの場合歌を歌う子なので、見栄えやインパクトなどを考えなければならず、作るときはとても緊張します。ですから衣装制作は正直プレッシャーもたくさんありますが、それ以上に制作を通じての発見や、リメイクするときにプラスになることのほうが大きいので、そういうものを吸収するためにもやっています。

■今後の目標を教えてください。

夢としては、いつか「adidas」とコラボしてみたいですね。可愛いリメイクジャージを作ってみたいです。
流行の移り変わりが早い原宿系ファッションとは違った、時代に流されない自分流のファッションを発信していく場として若者達に支持され続ける高円寺。「サウスポー」もまたここでしか出会ない服たちが手に入る場所としてこれからも注目され続けるだろう。人とは違った個性を追求したい人は是非足を運んでみてはいかがだろうか。



Words & Photo by Misaki Oshima


IMG_0118 (NXPowerLite)

東京都杉並区高円寺北3-4-11 2F
営業時間 13:00~22:00
定休日 不定休
電話番号 03-3337-9401
HP:http://www.nincompoopcapacity.com/
TWITTER:https://twitter.com/southpawcathy


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.