TELLSIT 2013-14A/W

01

 

TELLSIT 2013-14AW
 
「LIVE AND LET LIVE」
 


 
TELLSIT 2013-14AWの展示会が、rooms LINK TOKYOで開かれた。

今季のテーマは「LIVE AND LET LIVE」。手を組む、協力するという意味。
 
前シーズンに、前後でディテールの違う衣服を提案したが、今季は前回からさらに飛躍し、前後のディテールが違うのはもちろんのこと、正面と背面のどちらからでも着用可能といった、新境地を切り開いた。このアプローチを「前見頃と後見頃が手を組んだ世界へ」と表現する鯨井氏。「一度壊して、手を組ませて創り直したい」という発想がキッカケなのだそう。


まず目に着くのはTELLSITならではのライダースジャケット。前面はダブルライダース、背面はシングルライダースと、レザー好きにとっては、なんとも贅沢な仕上がりとなっている。二枚重ねの衿などのリメイクのようなディテールも特徴的である。
 
また、カウレザーのライダースベストは、片面にウール生地が使用されており、こちらも、どちらを前にしても着用が可能である。
 
他にも両面着用が可能な、背面がスタンドカラーになっている台衿付きシャツ、正面はブラック、背面はストライプ×ブラックのテーラードジャケット、背面がラベル付きカーディガンとなるハイネックニットなど、多彩である。
 
デザインでこだわりを魅せる一方で、ところどころに施されているロゴのメッセージ性にも目が離せない。
ハイネックニットのリブには今季のテーマである「LIVE AND LET LIVE」のメッセージが。ルックでは公開されていないが、前シーズンのテーマでもある「out of control」(制御不能な状態)のメッセージや、人と人が手を組んでハートを放っている様子を描いたグラフィックTシャツからは、ブランドコンセプトとも言える「日常の様々なものに対しての愛」「ロマンチックなクリエーション」が受け取られた。
 
上記で挙げた、リメイクの様なライダース、テーラードジャケットやメッセージロゴなど、一見前衛的なコレクションにも見えるが、裏地に防寒性に優れたシンサレートが使用されているものもあり、着る側にとっても優しい服作りとなっている。
 
今回初の試みである両面着用が可能な機能面に優れた洋服、リバーシブルとはまた違った楽しみ方が出来そうである。このように毎シーズン予想外の発想を生地に落とし込むTELLSIT、ぜひ一度、手に取って実物を感じて頂きたい。


 



Text / Ohno



01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16


Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.